7 seasons Ride 6月 奥利根 part2

b0208656_12363410.jpg

「どんなに長い上りも、いつか必ず終わりが来る。」
そう思いながら、すみれさんは走り続けたに違いありません。
カメラを向けるといつも笑顔。実際は、相当キツかったはずですが、我々が後ろから押すことを
最後まで拒み、遂に自力で標高1630mの坤六峠までやってきました。



b0208656_1221073.jpg

長い上り区間で、バラバラになっていた6名でしたが、最後はすみれさんを囲む形で、
全員で峠へ向かいます。
集団内に、ほんわかしたあたたかい空気が漂い始めたと思いきや、




b0208656_12211811.jpg

やはりここでも、お約束の醜い争いが…。
「てっぺんは俺のもんや~!」
米仏全面戦争勃発。





b0208656_12221648.jpg


b0208656_12283584.jpg


b0208656_12243957.jpg

尾瀬方面を望む。



b0208656_12235647.jpg

坤六峠から戸倉までは、美しい緑の中、最高に爽快な緩やかな下り。
これまでの苦労が吹っ飛びます。
左手を流れる笠科川に沿って、あっという間に高度を下げます。
メーターは常に時速50km。



b0208656_1224156.jpg

乗馬で鍛えたバランス感覚により、スマートに下る、すみれさん。



b0208656_13314635.jpg

質実剛健男も楽しそう。



b0208656_12314065.jpg

あっという間に、片品村へ。



b0208656_12323312.jpg

一同六名皆空腹。
只管進行畑中道。




b0208656_12332432.jpg

そこへそこへ、突如現れたのが、農場の中のレストラン!
「みのりの里」 さんで、お待ちかねのランチタイム。



b0208656_12334122.jpg

名物、ライ麦のピッツァ。
これが、美味かったぁ~。



b0208656_12485211.jpg


b0208656_12342262.jpg

ワインが飲みたいのをグッとこらえ、おとなしく食べる一行。
何しろまだ半分行程が残っています。



b0208656_1337454.jpg

腹いっぱいだし~、眠たいし~。
もう走りたくねぇ~。
たぶん6人全員が、そう思っていたと思います。
峠を越えて、ランチも食べ終えて。
ほとんど燃えかす状態で!?、あと50km水上まで戻らねばなりません。




b0208656_125447.jpg

沼田の町を過ぎ、再び利根川を遡ります。
考えてみれば、今回のコースは、ずっと川に沿って走っています。
ぐるっと武尊山を時計回りに一周してきましたが、群馬県北部が、いかに美しい水に恵まれて
いるのかを、実感する旅となりました。



b0208656_136127.jpg

あの関越道の橋をくぐれば、水上の町は、もうすぐそこ。
利根川とJR上越線と、並走する県道61号は、景色も良くて走りやすい良い道でした。




b0208656_12545161.jpg

眠気が一気に吹っ飛んだ表情を見せている、英、米の二人。



b0208656_1255891.jpg

水上 諏訪峡の ブリッジ バンジージャンプ
高さ42m!
飛び降りるのに、1回 ¥7,500 って。
そんなん、¥7,500 くれてもやらんわ~!




b0208656_12553929.jpg


b0208656_12555953.jpg

水上の温泉街を抜けて、今回の旅が無事終了。
キツかったけど、楽しかったぁ~。

まだまだ続くよ!




by assos-pst | 2014-06-15 16:39 | 漕ぐ。食べる。