MILLE GT SUMMER LS ジャージ

b0208656_18032480.jpg
ロングライダー待望の真夏でも着れる、涼しい素材の長袖ジャージ。
MILLE GT シリーズとして、久しぶりに復活しました。

MILLE GT SUMMER LS ジャージ】 ¥16,416(税込)
b0208656_18053293.jpg

夏に長袖? かなりニッチなアイテムと思われるかもしれませんが、
実は、日本やオーストラリアのように、紫外線による日焼け防止の
意識が高い国では、潜在的需要がかなり多いアイテムなんです。

b0208656_18104338.jpg

かつては、ロングライド用のLS.ミレジャージがその役割を担っていましたが、
ヨーロッパではニーズが少ないことから、2012年に生産終了。
その後は夏用の長袖ジャージというジャンルが途絶えていました。

6年振りに復活したMILLE GT SUMMER LS ジャージ では、フィッティングの
考え方も以前とはガラリと変わりました。

かつてのLS.ミレジャージは着丈が長く、身幅もゆったりしたBIGシルエットだった
のに対して、新しいMILLE GT SUMMER LS ジャージは、レーシングフィットほど
ピチピチではありませんが、身体との隙間が少ない適度なフィット感を狙っています。
伸縮率の高い、優れた吸水速乾繊維が使われていますので、素材が肌に近い方が、
べたつかず、冷却効果が高まるというのが最新の考え方です。

b0208656_20130315.jpg
インナーに、スキンフォイル EVO7 LS.サマー(長袖)を組み合わせていただくと、
相乗効果で汗の処理もより早く、肌もサラサラで、ふんわりとした着心地の良さ。
ジャージと肌の中間に薄い空気の層(=断熱層)が形成されますので、寒暖差にも
対応力がアップします。

このジャージが最も有効なシーンは、やはり暑い時期のロングライドでしょう。
特にブルペのように、昼夜を走り続ける方にオススメします。
袖があるメリットとして、日中は陽射しを遮り、気温が下がる朝晩は風よけとして、
それから、夏場は蚊よけにもなるという点も、意外と重要だったりします。
いかに外的ストレスから身を守り、体力を温存するか?そう考えると、
夏用長袖ジャージに辿り着くという訳。

同様の効果として、半袖ジャージ+UVアームプロテクターの組み合わせもありますが、
アームプロテクターを外すことが無い人にしてみたら、長袖を着ちゃった方が煩わしく
ないですよね。


さて、ここからはワタクシ常陸による趣味のレイヤリング講座。
3月中旬以降、だんだん暖かくなる一方、季節の変わり目は気温の変化が読み難く、
朝夕と日中の寒暖差に悩まされることもしばしば。
そんな時は、ベストタイプのウィンドシェルとの組み合わせがオススメです。
薄手のベストを一枚プラスすれば、アソスで言うところのインターミディエイト
相当の装いとなり、気温が低い時は15℃前後くらいまで、またベストを脱げば、
最高は30℃を越えるまで、かなり幅広い温度域に対応可能です。

上に羽織るシェルをジャケットタイプではなく、ベストをオススメする理由としては…。
見た目がオサレだからです!!
ベストの方が、ジャージの袖が露出する分、カラーコーディネートが自由に楽しめる!!
それでは、ベストを偏愛するワタクシが厳選した、コーディネート例をご覧ください。

まずは、初級編からどうぞ。
b0208656_18121788.jpg
オレンジ + ブラック(MILLE GT ウィンド ベスト
お洒落サイクリストへの道は、黒ベストに始まり、黒ベストに終わる。
と言ってもいいくらい、黒ベストは重要アイテム。
中に着るジャージがどんな色でも、それに負けない存在感で受け止めてくれるので、
ハズレの心配がありません。
全体が引き締まって、着痩せして見えるのもポイント高いです。


続きまして、中級~上級編。
b0208656_18123065.jpg
パープル + イエロー(sV.ブリッツフェーダー シェルベスト EVO7
微妙な色同士の組み合わせが、やってみると意外とイケてる感が出せます。
セクシーなパープルの上に、透け感のあるイエローで、エロさが倍増。
これを大人の雰囲気で格好良く着こなせたら、かなりの上級者です。


最後は個性派編。
b0208656_18120841.jpg
グリーン + 蛍光グリーン(MILLE GT ウィンド ベスト
ガチャンピンではありません!! 目に刺さるような鮮やかなグリーンコーディネート!!
ジャングルの中に紛れ込んだら、きっと見つけられないでしょう。
まあ、これはちょっとやり過ぎかもしれませんが、自転車にしても、クルマにしても、
普段の洋服なんかにしても、グリーンを選ぶ人は、個性が立っている人が多い気がします。
周りの意見に惑わされず、自身の感性で物を選ぶことが出来る人ですね。


b0208656_18130834.jpg
それにしても、どの色も個性的ですよね。
日本の伝統色というか、『和』の雰囲気を感じるのは私だけでしょうか。
また、袖の内側の幾何学模様は、黒い部分がアソスの『A』マークになっています。
この模様が、MILLE GT シリーズを象徴するモノグラムパターンなんですね。

私が言うのも何ですが、ジャージ単体で見ると、今までのアソスには使われていない
独特な色合いなので、従来のアソスユーザーの方は、手を出しずらいかもしれません。

そこで、ちょっとした耳より情報を一つ。
2018春夏の後半の便で、ジャージと同じカラーリング、モノグラムパターンを
あしらったサマーキャップ、MILLE GT キャップが登場してまいります。
既に、MILLE GT SUMMER LS ジャージをお求めいただいた方は、そちらの入荷を
楽しみにお待ちいただければと思います。
我々としては、キャップの入荷の前に、ジャージが完売してしまわないか?
それが心配ですが…。


by assos-pst | 2018-03-07 20:26 | アソスのモノ