SS プロチーム ジャージ BMC 2018

もうすぐ始まりますね~、ツール・ド・フランス。

b0208656_18232925.jpg

個人的に気になるのは、やっぱり、BMCレーシングチームのリッチー・ポート選手。
昨年は落車による負傷でリタイヤを余儀なくされましたが、今年は総合優勝に輝いて、
その無念を晴らしていただきたい。

打倒 フルーム!! タスマニア魂を見せてくれ!!

さてさて、選手が実際にレースで着用しているジャージがコチラ。
ASSOS製スペシャルジャージです。
SS プロチーム ジャージ BMC 2018

b0208656_20314680.jpg

昨年バージョン【SS.BMC ジャージ 2017】とは似て非なるもの。
全くの別物と言っていいくらい、ガチなプロ仕様でござんす。

主力レーシングモデルの【SS.エキップ EVO8 ジャージベース】をベースに、
細部をチューンナップした特別仕様。アソスの本気が伝わってきます。


b0208656_20315461.jpg
袖~肩甲骨上部に掛けては、空気抵抗の少ないキメ細やかなストレッチ素材。


b0208656_20313502.jpg
袖口は縫い目が無く、レーザーカットによる切りっぱなしで、締め付け感はゼロ。


b0208656_20312783.jpg
通常ですと背中のパネルにのみ使用されるType 220が脇腹のあたりまでグルっと
巻き込んでいます。
横方向に伸縮して、縦方向には伸びない、レース調のメッシュは選手の身体を
ビシッと包み込み、エアロダイナミズム効果を発揮。

同時に、高い通気性と放熱性を備え、日光を拡散させて紫外線が透過し難い構造が、
照りつける真夏の太陽から選手を守ってくれるという訳です。


それにしても、今シーズン限りで、BMCがメインスポンサーから撤退するなんて、
にわかに信じられませんよね。
BMCレーシングチームがBMCレーシングチームでなくなるなんて…。
プロトンで見慣れた筈の 赤×黒 のジャージが見れなくなるなんて…。

これが最終年度のジャージかと思うと、所蔵コレクションとして大事に持って
おきたくなりますね。もちろん、実用性も最高レベル(本物ですから)なので、
これを着て選手と同じ気分を味わうことも出来ちゃいますよ。



by assos-pst | 2018-07-06 18:10 | アソス製品ご案内 / 夏アイテム