SOLESTAR / THE PERFORMANCE INSOLE

b0208656_11413447.jpg

2015年8月の日本初上陸の際より取り扱いを開始したドイツのインソール SOLESTAR。
販売開始から3年が経過しても、今なお多くのお客様が、これに興味を持ってご来店くださる
当店の定番的アイテムとなっています。

SOLESTAR KONTROL  ¥15,984(税込)



b0208656_11431811.jpg

この度、SOLESTAR 社から情報アップデートの連絡が入りましたので、重要な点だけ
かいつまんでお知らせいたします。

◆Solestarインソールは、シューズの中で足をニュートラルポジションに位置付けします。これはパワー伝達に

大きく影響します。 その際、足の筋肉、腱、靭帯など連動する身体構造により、適応するためにある程度の時間を

要します。トップライダー、プロのレーサーの場合、最大30〜40kmの距離で4〜5回の低い回転数のトレーニング

セッションが必要になります。その他のライダーの場合も同様、最大30〜40kmの距離で5〜8回の低い回転数の

トレーニングセッションが必要です。これは適応期間と呼び、怪我をしない為に重要な期間となります。


◆Solestarインソールを使用すると、ほとんどのライダーは脚が伸びる現象がおこります。そのため、サドルの高さを

平均して2〜5mm上げる必要があります。Solestarインソールを使用して最初に乗る前にサドルの高さを調整して

確認してください。


◆Solestarインソールは、靴、クリートに何も付け加えずに使用するよう設計されています。シム・ウェッジ

(使用している場合)を取り外してSolestarをご使用ください。付けたまま使用されますと、正しく機能しない

場合があります。また、シム・ウェッジはSolestarインソールを損傷させる可能性があります。

Solestarインソールとシム・ウェッジの組み合わせにより、場合によっては足に痛み・しびれ等を引き起こす

可能性もありますので十分注意してご使用ください。



そう。膝の倒れを矯正してくれるので、”脚が伸びる”のです!
サドルの高さを2〜5mm上げる必要がある。なんて嬉しいんでしょう!


b0208656_11434733.jpg

また、この機会に久しぶりにSOLESTAR 本国のサイトを覗いてみたら、トッププロ選手たちの中で
これを使用している人が、ますます増えていることにびっくり!
現在は、新城幸也選手もこのインソールを愛用しているようですね。

"I feel a support for a straight knee and direct feeling of pedal."

とコメントを発表しておられます。
新城選手も、真っ直ぐにペダルを踏める良さを感じているようです。


b0208656_11442137.jpg

「真っ直ぐ。ダイレクトに。ペダルを踏む。」
このシンプルな理論が、このインソールの特徴なのです。
もし導入を検討されている方がいらっしゃいましたら、こちらの当店の過去のブログ記事
ご参考ください。


b0208656_11444628.jpg

SOLESTAR を3年使用している、A原R介選手のコメント。
「これを入れない理由って、逆に何?」



b0208656_11451575.jpg

同じく3年使用している、H陸N考選手のコメント。
「1日のライドで、後半の疲れ方が全然違う。」
「もっと踏み込め!まだまだイケる!」と語りかけてくるインソール。


現在、各サイズ揃っています。
遠方の方は当店の通販サイトからご利用いただけますよ。
皆様のご来店、ご利用をお待ちしております!


by assos-pst | 2018-08-25 12:58 | アソス以外の製品ご案内