Pick Up Items Equipe RS レインジャケット

b0208656_13214638.jpg

今回のブログ、ちょっと長くなります。
長年アソスをご愛用いただいている方には今更な話ですが、これからアソスを
試してみようかな、という方へのご案内から。

ブランドのポリシーとして、製品の継続期間がとても長いということ。
3~4年は普通で、長いものでは6~7年もラインナップに残ります。
年数が経っても製品の魅力が衰えないのは、開発に費やす期間も長く、先を見据えた
モノ作りをしているから。
他の追随を許さない!! という確信のもとに、製品を世に送り出しているという訳。

それだけに、何年か振りに世代交代が行われると、技術の蓄積によって、今までの
製品との性能差がはっきりと現われます。
近年、アソスにおいて、劇的な進化を遂げてきたアイテムTOP3を挙げるとすれば、
ビブショーツ(来年は遂にS9登場)、インナー スキンフォイル、この二つは鉄板。
そして、もう一つがレインジャケット、これホントの話。

高性能なレインジャケットは、雨の日に限らず、ウィンドブレーカーとして、
冬場のアウターとして、幅広く活用できる点が魅力。
素材が性能に直結するアイテムなので、どんな素材が使われているか、よ〜く
吟味していただくこが、お買い物で失敗しない秘訣。


b0208656_13264161.jpg

アソスのレインジャケットの変遷を辿ると、十数年前は、sJ.クライマジェット、
sJ.クライマシュッツなどのクライマシリーズが主流でした。
主素材『clima』は中が透けて見えるほど薄地で、コンパクトに持ち運び可能な
レインジャケットの登場は、当時としては画期的でした。


b0208656_13481666.jpg

一方で、ロードバイクの高い運動強度では、汗で蒸れやすいという弱点もありました。
背面にベンチレーション(換気スリット)などの改良が加えられ、現行モデルの
ミレ GT クライマ ジャケット として受け継がれています。
レインジャケットの中では最もお手頃価格なので、通勤ライドやオフロードで
ガンガン使い倒したい方にもオススメです。



b0208656_14454588.jpg

2011年は傑作 rS.ストームプリンスが登場。
主素材『TRITON V1』は、長時間の強雨にも耐える防水性を備え、クライマシリーズの
弱点だった蒸れやすさを克服しました。
本格登山にも通用する高いスペックは、サイクリングウェアとしては規格外でしたが、
これに目を付けた欧州トッププロ選手達は自費で購入、スポンサーの契約違反を冒して
まで、レースで着用する選手も…。 
ここからストームプリンスの一強時代へ突入。しばらく続きます。

b0208656_15072076.jpg
最新バージョンの rS.ストームプリンス EVO ではレッド(深紅色)が追加され、
今なお現役の KING OF SHELL として君臨しております。
見た目の高級感もさることながら、6万円を超える価格は、さすがキング、いや、プリンスか。



b0208656_15252584.jpg

b0208656_15245503.jpg

そして今年2018春、エキップ RS レインジャケット が登場。
最新の主素材『Schloss Tex』は、ストームプリンスに匹敵する耐水圧・透湿性を備えつつ、
その軽さが最大メリット。持ち運びがグッと楽になりました。
ありていな言い方をすれば、ミレ GT クライマ ジャケットrS.ストームプリンス EVO
良いとこ取りなんです。

b0208656_20191743.jpg

さらに、今年の秋冬シーズンから、新色のブラックが追加。
メーカー表記でブラックとなっていますが、実際の色味は何とも表現しにくい…。
ギラギラとした金属っぽい雰囲気から、いぶし銀、ガンメタとも言えますが、
アソス往年のチタンカラーにちなんで、チタニウムグレーと呼ぶことにしました。

b0208656_20273472.jpg

ブラック、レッド、オレンジといった、ハッキリした色のアイテムが多い中で、
このチタニウムグレーは渋さで攻めてきましたね~。
巷のお洒落サイクリストたちも、ざわざわしちゃってるみたいですよ。
ていうか、オレも欲しいー!!


b0208656_13233537.jpg
(Sサイズ着用:身長175cm、体重59kg)

この『Schloss Tex』という素材、シェルとしては珍しく、横方向に伸縮性があるんです。
一見、パリッとした印象ですが、身体を包み込む方向に柔らかく、突っ張り感は皆無。
ジャケットを着ていることを忘れてしまいそうなくらい。


b0208656_20181781.jpg

内側のパネルのつなぎ目には止水テープが丁寧に処理されています。

b0208656_20184641.jpg

b0208656_17463698.jpg

暗闇で目立つ背中のリフレクターも良い味出してます。


b0208656_13234582.jpg

背面には、換気スリットが設けられ、ここからバックポケットの荷物の出し入れも可能。


b0208656_13235586.jpg

フロントファスナーは下からも開閉可能なダブルファスナーを採用。
クールダウンしたくなったら、上の写真くらいの位置にスライダーを留めておくと、
風を取り込みつつ、走行中に裾がバタバタなびくのを抑えることが出来ます。


b0208656_13240508.jpg

そうそう、このダブルファスナーですが、テープが止水テープになっていて、
噛み合わせる時に奥まで入りずらいんですが、ちょっとしたコツを憶えると
スッと奥まで入って、簡単に閉じることが出来るんですよ~。
左手のつまむ位置がポイントで、金具には触れないように、金具のすぐ隣を
つまんでください。後は右手側を差し込むだけ。ほぼ一発で成功します。
力技でやると破損に繋がりますので、優しく扱ってくださいね。

それから、最近よくいただくお問い合わせが、エキップ RS レインジャケット
rS.ストームプリンス EVO では、どっちを買った方が良いか?

気温が0℃~10℃くらいの厳冬期にレイヤリングするアウターとして考えた場合、
防寒性に優れた rS.ストームプリンス EVO がオススメ。

それよりも気温が高く5℃~20℃くらいの間で、着たり脱いだりして体温調節を
する場合は、畳んでコンパクトになる エキップ RS レインジャケットがオススメ。

この両者の特性の違いは、生地の厚みの違いによるもの。
実際に両者の重さ・大きさをSサイズ同士で比較してみました。

b0208656_13221793.jpg
b0208656_13222428.jpg

b0208656_13224465.jpg
b0208656_13223108.jpg

b0208656_19134003.jpg
b0208656_13225916.jpg

防寒性を取るか? 携行性を取るか?
『迷ったら両方買ってください!!』というのは冗談として、選ぶポイントは冬場に
どれだけ走り込むか?ということ。

例えば、冬場は路面が雪で閉ざされてしまうようなエリアでは、春と秋に使いやすい
アイテムを充実させたいですよね。
だったら、エキップ RS レインジャケット が良いんじゃない。といった感じ。

b0208656_22000134.jpg

私のお気に入りは、エキップ RS レインジャケットのローリーレッド(蛍光オレンジ)。
うしろ姿がめっちゃオシャンティーなんすよ。って 結局は見た目か!!
いや、見た目も重要なファクターです。
レインジャケットは一度買ったら長く使うアイテムですでから、妥協しないで、
ご自身に合った一着を選んでくださいね。


by assos-pst | 2018-09-26 20:44 | アソス製品ご案内 / 通年アイテム