アメリカのアイウェアブランド SMITH 取り扱い開始



b0208656_16183078.jpeg

いつも当店をご利用いただき、誠にありがとうございます。
今日は皆様に新ブランド取り扱い開始のご案内です。

当店はこの度、アメリカのゴーグル・サングラス・ヘルメットのブランド、SMITHの製品を
販売させていただくことになりました。

SMITHってどんなブランドなの?そんな方も多いと思います。
以下の写真をご覧ください。
これで何となく、どんなイメージのブランドなのか、掴んでいただけるのではないかと思います。


b0208656_12251326.jpeg


b0208656_12303886.jpeg


b0208656_12593479.jpeg


b0208656_13153180.jpg

ご覧の通り、SMITHでもっとも高名な製品は、スノーゴーグル。
スノーゴーグルでは、世界及び全米シェアNo,1のブランドなのです。
スキー、スノーボードをされる方でしたら、ご存知ですよね。

当店のアイハラ&ヒタチ。二人とも若い頃は雪山に通い詰めた時期があったのですが、
お洒落でクールなトップブランド、SMITHのゴーグルには強い憧れがありました。

※当店はサイクリング ディーラーということで、スノー製品(スノーゴーグル、スノーヘルメット)
の取り扱いは出来ません。ご注意ください。
当店の取り扱いは、スポーツサングラス、ライフスタイルサングラス、サイクリングヘルメット
となります。


b0208656_16233357.jpg


b0208656_16251562.jpg


SMITHのスタートは1965年に遡ります。
アイオワ州サンバレーで、矯正歯科医師で大のパウダー好きのボブ・スミス(上の写真右)が、
ダブルレンズと熱がこもらないエアーベント機構を搭載した、世界初の曇らないゴーグルを開発。
彼は自宅の倉庫でゴーグルを手作りし、週末のスキーがてらユタ州やコロラド州のお気に入りの
ゲレンデで販売したのが始まり。

以来50年以上に渡り、”Life is better beyond walls.”を合い言葉に、次々と革新的な製品を開発し、
スリリングで楽しい体験を、多くのアウトドアファンに提供してきました。
SMITHはトップでありながら、常にパイオニアでもあるのです。
現在は、スノー、サーフ、フィッシング、トレッキング、トレイルランニング、サイクリングなど
幅広いフィールドに向け、革新的且つモダンでクールな製品を開発しています。



b0208656_14303913.jpg

現在は自転車人となっている私アイハラが、SMITHと聞いて真っ先に思い出すのが、
2006年のジロ・デ・イタリアにおいて、チームCSCのイヴァン・バッソ選手が総合優勝した際、
チーム全員が SMITHのアイウェアを掛けていたこと。

ランス・アームストロング全盛期のこの頃、アイウェアといえばオークリーのレーダーなど
スポーティな一眼タイプが主流だった中で、上の写真のような、スポーツ/ライフスタイルの
中間くらいの見え方、二眼タイプで茶色いレンズ(REACTORというモデル)のサングラスを
掛けているバッソ選手の姿が、とにかくクールに映ったことをよく覚えています。
ジロが終わった後、すぐにSMITHのサングラスを買いに行ったなぁ。



b0208656_12351194.jpeg

最も環境の厳しい、スノースポーツの世界で培ったゴーグルの技術を落とし込むのですから
SMITHのサングラスが素晴らしいのは、ある意味当たり前かもしれません。

SMITHのサングラスのまず第一の特徴は、レンズの性能が非常に良いという点かと思います。
独自の "Chroma Pop" レンズは、明快さと自然な色を強調。非常にシャープな視界を確保します。
一般的なレンズと比較し、街中ではそれほど違いは現れないのですが、アウトドアフィールドに
出ると、全く異なる世界が広がります。

わかりやすく例を挙げると、Chroma Pop のサングラスを掛けて空を見上げると、雲の一つ一つが
とてもくっきりと見えるのです。サングラスを外すと、ボンヤリ。
白い雲と、青い空の境目が、とてもはっきり見えるようになるのです。

また、このレンズは海や川、水面に対しても非常に有効で、SMITHの偏光サングラスは、
揺らぎや歪みのない視界が最大の特徴。
アメリカではプロアングラーを中心に、SMITHの指名率が非常に高くなっています。



b0208656_17280094.png
上は Chroma Pop レンズを簡単に説明したもの。
ゴーグルの案内となっていますが、これをそのままサングラスに置き換えてもらってOK。
上記とほぼ同じカラーのレンズがスポーツモデルのサングラスに搭載されます。




b0208656_12353623.jpeg

上の写真は、「レンズにこれだけの技術が施されていますよ」というもの。
じつに様々な技術がレンズに詰まっているのです。
レンズの種類にもよりますが、多くのものが10層以上の構造になっており、
その精度が1層ごとに非常に高く作られています。
ですので、SMITHのアイウェアは、「VLT値(可視光線透過率)よりも、実際にかけてみると、
明るく(クリアに)見える。」という評判があるのです。



b0208656_12423838.png

もう一つ、「SMITHのゴーグル、サングラスは長時間掛けていても疲れない。」という定評も
あるのですが、上の技術がそれの源泉。
レンズにテーパードを施すこと(レンズの中心部分を厚く、外側部分を薄くすること)で、レンズの
光学的な焦点をずらし、当たった光を直線のまま通過させるのです。
この技術により、対象物の歪み、ぼやけ、距離感の不正確さを解消します。



b0208656_19160941.jpg



b0208656_18055105.jpg

SMITH 第二の特徴が、我々日本人が掛けても、形状的に合いやすい製品が多いこと。
他の海外ブランドのサングラスと比較し、多くの方において、フィットすると感じて
いただけると思います。

その第一の理由が、サイド(テンプルの長さが)が他の海外メーカーの物に比べ短めなこと。
SMITHのサングラスの多くの製品において、サイドは120mm〜125mmの物が多いのですが、
他のメーカーにおいてはサイドが140mm近くある物が少なくありません。

サイドが長いと、上から見たときの頭の形状が前後に長い(=耳から鼻までの距離が長い)
欧米人には良いのですが、我々アジア人が掛けた時には、サイドが長すぎて、耳の後ろで
テンプルがヘルメットのアジャスターに干渉してしまう。おまけに耳のフィットが甘くなり、
サングラスがずれる。という事態を招きます。
SMITHのサングラスは、欧米人にとってもアジア人にとっても、ちょうど良いサイド長ということで
120〜125mmに設定しています。

二つ目の理由が、フレームに使用している素材の良さ。
SMITHのサングラスは、レンズを外してみると、フレームが非常に柔らかいのが特徴です。
この柔らかいフレームにより、「軽い」「ズレない」「痛くなりにくい」のです。
医療用カテーテルや高級哺乳瓶など安全性が求められる分野で使われている、グリルアミド TR-90 素材を
多くのフレームに採用。この素材は高度な曲げ強度と低密度を持ち、UVダメージ耐性にも優れた、
高品質なホモポリマー ナイロン素材。
レンズを外しフレームに力を加えると、グニャグニャ曲がり、落としても壊れてしまうことはありません。




b0208656_18183944.jpg



b0208656_18191201.jpg


サングラスの掛け心地の良さは、ノーズピースやヒンジ部分の機構にも由来しています。
ライフスタイル系のサングラスであっても、ノーズラバーパッドが存在する為、汗を掻いた際なども
ずれ落ちにくくなっています。
ヒンジ部分にもオリジナルの機構を採用し、フィットの良さを追求しています。



b0208656_18063283.jpg

掛け心地の良さということでは、日本の輸入代理店であるスミス ジャパンの細やかな対応による所も
大きいかと思われます。
ゴーグル、サングラス共に、実に多くのジャパンフィット仕様を用意しており、またジャパンオリジナル
企画の製品も多数存在。
「アイウェアはフィットしてなんぼ」という考えの下、それを許容する米 SMITH本社の対応も
素晴らしいですね。

まもなく11月より流通が始まる2019シーズンモデルのスポーツ サングラスにおいては、スミス ジャパンで
日本人向け専用パッドを用意してくれています。(1200円別売り。)
これでカーブの湾曲がきつい8カーブ、9カーブのサングラスでも、頬との干渉が軽減され、フィットが
格段に向上します。



b0208656_18081226.jpeg

そしてSMITHの、最も大きな魅力が、なによりこのデザイン性ではないでしょうか。
スノーゴーグル、スポーツサングラスのみならず、以下のようなライフスタイル系サングラスの
コレクションも非常に魅力的です。


b0208656_13145516.jpeg


b0208656_12340943.jpg


"Active Lifestyle" というスローガンの下、このブログをご覧いただいているような、
生活の中にスポーツがある人に、是非取り入れていただきたいコレクション群になっています。
車を運転するときなどには特に良いですよ。私はここ数年、ドライブの際はいつもSMITHの
サングラスを掛けています。

この手のライフスタイル系サングラスは、フレーム素材の色や、艶の有る無し、
ブリッジの太さやカーブの立ち上がり方など、ほんの些細な違いでも、実際に掛けてみると
大きく印象が変わります。
是非ご来店いただき、実際に掛けて、試してみていただくことをお勧めいたします。
自分にピッタリの一本を見つけてください。


b0208656_18090397.jpeg

ちなみにこれは、ネックチューブ(ネックウォーマー)。
SMITHの手にかかるとこうなります。



b0208656_18094100.jpeg
サイクルキャップもご覧の通り。
アメリカを感じさせるクールなデザインです。




b0208656_12370276.jpg

b0208656_12374596.jpg

SMITHは創業50年を迎えた2015年より、サイクリング用アイウェア・ヘルメットにも力を注ぎ始めました。
スノーの世界で培った技術で、ダート、ロード共に非常にオリジナリティのある製品を展開しております。

それから4シーズンが経過し、まもなく11月より流通がスタートする2019シーズン。
サイクリング用アイテムとして、サングラス・ヘルメット共に、第2世代の新製品が登場します。
新製品の情報は11月より順次公開されていきますので、もうしばらくお待ちくださいませ。

※11月9日(金)〜11日(日)幕張メッセにて開催される CYCLE MODE 2018 において
SMITH JAPANさんが出展されます。その場で2019モデルの新製品が展示されますので、
皆様是非SMITH ブースへ足をお運びください。

現在、当店の通販サイトのSMITHコーナーは、主にライフスタイル系サングラスが中心となっていますが、
2019モデルが到着する11月より、スポーツサングラス、ヘルメットが加わります。
是非楽しみにしていてください。
もちろん店頭でも販売していきますので、実物を手にとって、じっくりご覧いただけます。

また、SMITH JAPAN さんのサイトをご覧いただき、当店に在庫がない製品につきましては、
客注対応で取ることも出来ますので、お気軽にお申し付けください。
(※客注品は返品・交換・キャンセル不可となります。)


b0208656_12414211.jpeg

最後に。
SMITHとASSOSの相性ってどうなのでしょう?
以下の写真をご覧ください。


b0208656_20143447.jpg

b0208656_20151264.jpg

こちらは、アメリカの女子のトッププロチーム Cylance Pro Cycling
ウェアはASSOS。アイウェアとヘルメットはSMITH。
超クール。相性バッチリじゃありませんか!

これを期にアイウェア&ヘルメット、SMITHを是非ご検討いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!


尚、諸般の事情により、これまで当店で販売していたGIROの製品の取り扱いを取り止めました。
ご利用いただきましたお客様には、当店の都合によりご迷惑をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。
今後のGIRO製品のご購入、アフターサービス等につきましては、11月よりリニューアルオープンします、
芝公園のGIRO STUDIO TOKYO さんにて対応していただけることになっています。
何卒よろしくお願い申し上げます。


by assos-pst | 2018-10-29 21:22 | アソス以外の製品ご案内