大ヒット!! MILLE GT ウィンター ジャケット

先週は不意を突かれたように、急に冷えみましたよね。
皆さま防寒の意識が高まったのでしょう、週末の3連休は多くのお客様に
ご来店並びに通販をご利用いただきました。

b0208656_02494496.jpg

その中でも、この1週間でよく売れた商品というのがございまして、
それが我々スタッフの予想を遥かに上回る売れ行き。
あっ、別に自慢とかじゃなくて、早く買わないと品切れになっちゃいますよ
という意味でご紹介させてください。

b0208656_01580632.jpg
それがコレです!!
今シーズンから冬用ジャケットの中核を担う【ミレGT ウィンタージャケット
カラーはブラック×ブルーバッジ、ブラック×モノグラム、レッドの3色展開ですが、
レッドはもう残りがMサイズのみ、売り切れ間近となっております。

さてさて、その実力は如何に?
2010年から2017まで続いたロングセラーモデル iJ.ハブジャケットの後継に
あたりますので、新旧モデルを比較しながら探ってまいりましょう。


b0208656_23292594.jpg
まず推奨外気温の定義について簡単にご説明させていただくと。
従来はクライマレンジという呼び方で、年間の季節を大きく4区分していました。
1.4(4分の1)サマー
2.4(4分の2)スプリング/フォール
3.4(4分の3)アーリーウィンター(初冬)
4.4(4分の4)ウィンター(厳冬)


b0208656_23294083.jpg
今シーズンから呼び方も新たにクライマコードと変更され、3区分に集約されました。
季節が少なくなっちゃた⁉︎ということではなく、3.3(3分の3)の中に、
ウィンターとウルトラウィンターの2段階に分かれていますので、実質的には
従来と変わらず、同じ考え方で大丈夫です。
1/3(3分の1)サマー
2/3(3分の2)スプリング/フォール
3/3(3分の3)ウィンター(初冬)
3/3(3分の3)ウルトラウィンター(厳冬)


b0208656_23502422.jpg
全体の構造はどちらもほぼ同じ見え方です。
外側の、特に正面のパネルは張り感のある素材で風を通しません。
内張りには保温性の高い起毛したフリース素材が使われています。
また、背面の中心部は速乾性、通気性に富んだ素材が貼られ、ウェア内に熱気、
湿気が籠らない工夫がなされています。
「これぞ、ウィンタージャケットの王道」的な作りと言ってよいでしょう。


b0208656_23521977.jpg
ジャケットを裏返してみると、両者の違いが見えてきます。
正面パネルの裏地に注目!!


b0208656_23552249.jpg
ミレGT ウィンタージャケットの方は、保温性の起毛フリース素材が貼り合わされた
2重構造になっています。
一方、iJ.ハブジャケットの方は白く見えますが、これには裏地が付いていません。
この裏地の有り無しが、それぞれ得意とする温度域の違い、つまり暖かさの違いと
なる訳です。
iJ.ハブジャケットの推奨外気温が6℃~14℃ですから、ミレGT ウィンタージャケットは
それよりさらに2度は低くても大丈夫な筈、推定4℃~12℃ですが、実際はもっと低い
気温でも大丈夫な気がします。
関東平野部を始め、比較的温暖な地域であれば、これ以上でもこれ以下でもない、
ちょうど良い暖かさのジャケットとして、ミレGT ウィンタージャケットが
あれば一冬を越していただけるでしょう。

もともと、iJ.ハブジャケットはプロレベルの高強度トレーニング用に開発された為、
より薄く軽く、保温性は控えめにして、通気性をアップさせる狙い。
だから、正面は敢えて1枚仕立てになっていました。
現在、快適なジャケットの考え方が昔と変わってきたのは、インナー スキンフォイルの
進化によって、汗の処理能力が格段に向上したことが大きいでしょう。


製品の重量はどうでしょうか?
軽さを狙ったiJ.ハブジャケットに対して、しっかりと暖かい裏地が付いている
ミレGT ウィンタージャケットは、さぞやズシリと重たくなってしまったのでは?


b0208656_01121781.jpg
Sサイズ同士で比較してみたところ、ミレGT ウィンタージャケットが360g、
iJ.ハブジャケットが348gで、その差は僅か12gという意外な結果でした。



b0208656_01300543.jpg
それから細かい部分では、ミレGT ウィンタージャケットは背面の中央の素材に
最新の夏用メッシュType 220が使用されいます。
Type 220の特長として、横方向は伸縮性に富んで、縦方向に伸縮性しないので、
バックポケットに荷物を詰め込んでも安定感があり、重さで伸びてしまうことが
ありません。


どうですか?製品の違いが分ければ、なるほどって思いますよね。
ちなみに、iJ.ハブジャケットの最終年度の価格が¥43,200(税込)でしたから、
15%ほどお求めやすくなっているのも見逃せません。


ワタクシも早く買わないと!!
実はカラーの選択で迷ってまして、最初はシンプル且つブルーがちょっとした
アクセントになっているブラック×ブルーバッジを選ぼうかなと思っていたの
ですが、背中が赤いレッドも良いな~、なんて思っていたら、レッドは自分の
Sサイズが完売終了…。



b0208656_02365323.jpg
b0208656_02363713.jpg
先日の第2便で届いたばかりの、ブラック×モノグラムを試しに着てみたら、
これが個人的にビビッときました!!


b0208656_02363130.jpg
サイズはいつも通りのSサイズがちょうど良い感じ。(身長175cm、体重59kg)
前傾ポジションでぴったりフィットする、ややタイトなフィット感です。
これ着て走るのが楽しみ。早く寒くならないかな~。

by assos-pst | 2018-11-28 22:18 | アソス製品ご案内 / 秋冬アイテム