新ジャンルのアイウェア SMITH Lifestyle Photochromic Clear


b0208656_17241792.jpg

皆さん、セールで良いお買い物出来ましたでしょうか?
年に2回のお祭りですから、日頃お世話になっている皆さんに喜んでいただけたのなら
私共スタッフも冥利に尽きます。本当にありがとうございます。
ですが一方で、そろそろセールの話は飽きたという声もチラホラ…。
そんな折、春を感じさせてくれるようなちょっと面白いアイテムが入ってきましたので、
ご案内させてください。


b0208656_17484865.jpg

一見すると、普通のメガネのようですが、



b0208656_17490937.jpg

日差しの下では、ご覧の通り。
そうなんです!これらはSMITHから新たに登場した、調光(ちょうこう)レンズを使用した
Lifestyle サングラスなのです。

調光を英語にすると、Photochromic(フォトクロミック)。
本来の意味は「光で発色する」だそうです。

フォトクロミック レンズは、紫外線に分子が反応することで着色するしくみを利用。
紫外線量が多い時は、レンズの色がサングラスのように濃くなることで、目の中に届く光の量を
和らげ、一方、紫外線量が少ない時は、メガネのように透明に近い色のレンズとなり光を透過
してくれる、まるでカメレオンのようなレンズ。
(上の写真では、結構な日差しの下で、木の板の上で撮影している為、レンズがブラウンに見える
かと思いますが、実際はグレーのトーンが濃くなっていきます。)

スポーツ用のハーフリムタイプのサングラスに調光機能が備わっている製品を目にすることは
結構多いのですが、それだと形がスポーティ過ぎて、普段の使用にはなんとなく抵抗が…。
どうしてもゴルフのシーンっぽくなってしまうんですよね。
そんな中、今回新たにSMITHから登場した調光サングラスは、カーブの曲がりの浅い、4カーブの
ライフスタイル アイウェアのフレームをベースとしています。

日差しの少ない室内や地下鉄の中などでは、ほとんど普通のメガネに近い感じで掛けられ、
一方、日差し強い屋外では、レンズの色が濃くなりサングラスとして使える。
普段の生活の中に、取り入れやすい調光サングラスになっています。
わかりやすく言えば、「フツーにオシャレな調光サングラス」でしょうか。
意外と、ありそうで無かったアイテム。
このようなメガネ?サングラス?を探されていた方、いらっしゃいませんか?

種類は以下の3種類となります。



b0208656_17535723.jpg

SMITH Photochromic Clear  LOWDOWN 2 Crystal Deep Green  ¥21,600(税込)




b0208656_17541862.jpg


b0208656_17552490.jpg



b0208656_17563233.jpg

SMITH Photochromic Clear  LOWDOWN 2 Black  ¥21,600(税込)



b0208656_17560405.jpg


b0208656_17570143.jpg


b0208656_17574532.jpg

SMITH Photochromic Clear  SNARE Squall(Matte Black)  ¥21,600(税込)



b0208656_17580564.jpg

b0208656_17582364.jpg

これらのレンズは、イタリアのインテルカスト・ヨーロッパ社が開発した、NXT Photochromic
レンズを採用しています。

NXTとは、従来あるプラスチックレンズの素材であるポリカーボネートを超える、耐衝撃性、軽量さ、
耐久性を求めて開発された素材。
元々は、米陸軍の超軽量プロテクター開発プロジェクトから生まれた素材で、銃弾などの強い衝撃
が加わってもクラックが入らず、しかも光学的な歪みが無い、正確な視界を実現する為の次世代マテリアル。
米軍ヘリコプター アパッチのウィンドウにも使用されている素材なのだそうです。


b0208656_19524911.jpg

非常に軽くて傷が付きにくいという特性に加えて、NXT Photochromic レンズは、紫外線によって
レンズの色が変化するのが早いのが特徴。
実際に写真を撮ろうと外に出た際も、どんどんレンズの色が変わっていってしまいました。
なかなか上手く写真撮り出来なかったのです。

上のグラフを是非ご覧いただきたいのですが、
まずは一番左の部分にご注目ください。数値が75%から18%へと、一気に下がっていることがわかります。
これは暗い所から明るい所に出た時に、レンズが濃くなっていくスピードが非常に早いことを示しています。
1分後には、ほぼMAXに近い状態にまでレンズが濃くなっています。

レンズが濃くなる方には、どのメーカーのレンズも結構早いのですが、一方でグラフ中央部分をご覧ください。
紫外線照射停止後、僅か1分で数値が18%から48%へ一気に変わっています。
これは明るい日差しの下から、暗い屋内などに入った際に、僅か1分の間で一気にレンズが明るくなる
ことを示しています。

調光レンズは、フェーディング(退色)に時間がかかるのが一つの弱点なのですが、この点がかなり改善
出来ているのが、このNXTレンズの特徴なのです。

さらに余談です。
今回使われているレンズの可視光線透過率は 18% 〜 80%と、暗い場所ではほとんど透明に近くなる
レンズが採用されているのですが、これだけ透明に近いレンズは目の色素の薄い欧米人には好まれない
(=彼らはもう少し濃い色のレンズを好む)のだそうで、SMITH JAPANさんは、わざわざ他のレンズが
入ったフレームを輸入。そこから日本でレンズを外し、今回のレンズに入れ替えているのだそうです。

ですので、今回入荷してきたLOWDOWN 2は、完全に日本オリジナルの物なのです。
この辺りの話を伺って、私は感動してしまいました。
頭の中で、プロジェクトX 中島みゆきの曲が流れてしまいましたよ。



b0208656_18000921.jpg

そんなこんなの調光レンズですが、もう一つ、デメリットをお伝えしておかなければなりません。

これらの調光レンズを使用したサングラスは、ドライブには向きません。
なぜならば、現在のクルマのウィンドウには紫外線カット効果が施されているからです。
本来紫外線に反応するはずのレンズが、濃く変色してくれないのです。
オープンカーならどうなのでしょうね?

ドライブには、光の乱反射やウィンドウへの映り込みを防ぐ、偏光(へんこう)レンズ
= Polarized(ポラライズド)がお勧めです。
SMITHのライフスタイルサングラスの多くに、この偏向レンズが採用されていますので、
ドライブの際は是非そちらをご利用ください。

最後に、今回の製品の入荷数量ですが、
LOWDOWN 2 クリスタルグリーンが1点。ブラックが2点。
SNARE Squall が2点です。

これから通販サイトにアップしていくつもりですが、入荷数が少ないので、ご興味ある方は
是非お早めにご来店ください。
その際は「 フォトクロ一丁!」の掛け声をお待ちしております!
遠方の方はお電話、メールにてお申し付けください。お取り置きさせていただきます。
皆様のご来店、ご利用をお待ちしております!

by assos-pst | 2019-02-04 21:04 | APSTリコメンド / スタッフのお勧め