ボーダーレスなヘルメット SMITH NETWORK


b0208656_18295803.jpg

ロード用でもない。
マウンテン用でもない。
街乗り用でもない。
でも、いずれのシーンにもマッチしてしまう。
そんなヘルメットが、SMITHのNETWORKというモデル。



b0208656_18274688.jpg


b0208656_18172541.jpg

「いろいろな使い方が出来る。」
「どんなシーンでも合う。」
そういう製品って、トンがったところが無い、とかく中盆なモノが多いような気がしますが、
このNETWORKは、そうではありません。


b0208656_18171226.jpg

b0208656_18165441.jpeg

前、横、後、上。
どの方位からみても特徴的な形状。
そして独特のカラーリング。

好き嫌いは出てしまうかとは思いますが、他のどれにも似ていない。
オリジナリティ溢れる製品を生み出すところがSMITHというブランドの一番の魅力かと思っています。
ヘルメットって、なんだか似たような形の物が多いじゃないですか…世の中。
「山椒は小粒でも…」的な存在。それがSMITHのNETWORK。
トップグレードではなくセカンドグレードという点も、個人的には好印象です。



b0208656_18335464.jpg

アメリカを中心に、ここ最近「ASSOS × SMITH」の組み合わせをSNS等で見る機会が
増えてきたような気がします。
上の写真はASSOSのTRAILシリーズのイメージカット。
ここでもNETWORKのMATTE GRAVY カラーを被っています。


b0208656_16533414.jpg

ロードスタイルの女性が被ってもご覧の通り。

ご注目いただきたいのが、写真のように外したサングラスをスマートに収めることが出来る点。
写真の中でヘルメット内、色が変わって桟のようになっている部分に、しっかりとサングラスの
テンプルを差し込むことが出来るのです。
これにより抜群の保持力が生まれ、サングラスが落ちる心配はほぼ無用。

b0208656_18211496.jpg

SMITH NETWORK MIPS Matte Gravy ¥27,000(税込)


NETWORKの特徴のもう一つが、ソフトバイザーが付属している点。
ソフトバイザーが付属するのは、SMITHのラインナップの中でも、このNETWORKだけ。
着脱は、ヘルメット内前方のクッションパッドのベルクロを剥がしていただき、
そこに付けるだけの、至って簡単な方法。10秒で完了します。

サイクルキャップを被らずとも、ツバがちょこんと生えることで、見た目はお洒落な街中の
バイシクル メッセンジャーのよう。
もちろん、作用もしっかりとあります。
日差しを遮り、風の巻き込みを軽減する。そしてキャップを被らなくていいので、頭部は
とても涼しいのです。



b0208656_18213191.jpg

そして、この小さいツバの存在が最も役立つのは、トレイルにおいてかと思います。
バイザーの無いロード用ヘルメットで山の中で被っていると、葉や枝が、サングラスから
おデコにかけて当たることがしばしば。
バイザーがあることで、それらとの接触から目を守ってくれるのです。

また、同じSMITHブランドの中で、マウンテンバイク用のヘルメットは370gほどの重量が
出てしまうことに対し、こちらのNETWORKは300g(Mサイズカタログ値)。
軽さに優位性がある為、グラベルロードや、軽めのトレイルライドなどを楽しむ方は、
むしろこのモデルを選んでいる人がアメリカでは多いとの情報です。



b0208656_19065227.jpg


万が一の際の安全性については言わずもがな。
SMITHオリジナルの衝撃吸収素材の Koroyd(上の写真、黒いハニカム構造の素材)と、



b0208656_19070576.jpg


いまやスタンダードとなりつつある、多方向衝撃吸収システム MIPS Technology。
この2本立ての衝撃「吸収」&「保護」によりSMITHのヘルメットは、業界最高水準の
安全性を有しているのです。

以上見てきたように、SMITH NETWORKとは、
「ちょっと洒落てる個性的なカタチ」
「都市、山、レース、シーンを問わず使えるマルチぶり」
「優れた安全性と、適度な重量」
「高過ぎない価格」
これら様々な要素を備えた、他のメーカーラインナップには無い、ちょっと特異な
立ち位置のヘルメットなのではないでしょうか。
結構面白い選択になってくるかと思います。

最後になりますが、SMITHのヘルメットのおおよその内部の形状について。
当社別店舗(GIRO STUDIO TOKYO)にて取り扱いさせていただいておりますGIROの
ヘルメットと比較してみますと、
「GIROのグローバルフィットとアジアンフィットの中間くらいに当たるサイズ感が、
SMITHのヘルメット。」といったところでしょうか。

この辺り、頭部の形状については個人差がかなりありますので、お店で実際に被ってみて
お確かめいただければと思います。

カラーラインナップは以下の通り。

b0208656_18221110.jpg
Matte Black




b0208656_18223913.jpg
Matte Cinelli(Sサイズのみ)


b0208656_18230207.jpg
Matte Mike Giant



b0208656_18231521.jpg

Matte Citron / Peony


b0208656_18234629.jpg


ご利用いただければと思います。
また、店頭に無いカラーやサイズにつきましては、お取り寄せ対応させていただきます。
どうぞお気軽にお申し付けください。
皆様のご来店、ご利用をお待ちしております。

by assos-pst | 2019-04-26 20:38 | APSTリコメンド / スタッフのお勧め