白馬 5月

b0208656_19075502.jpg

アイハラです。5月8日に妻と二人、白馬に行ってきました。
5月の安曇野〜白馬にかけては、空の青、大地の緑、残雪の白が織りなす景色が美しく、
毎年この時期、この辺りにサイクリングに出掛けることが、我が家では恒例になっています。

今回、何人かの仲間に声を掛けたのですが、生憎みなさんご都合が悪かったようで、結局二人旅…。
カミさんの写真ばかりでなんだか恥ずかしいのですが、同行者が他に居ないということで、
何卒ご了承いただければと思います。



b0208656_19190091.jpg

木崎湖。
戦国時代、この辺りを治めた仁科氏が築いた水城、森城址が現在は仁科神社となっており、
湖に突き出た半島にひっそりと佇んでいました。
「夏草や つわものどもが 夢のあと」
湖面を渡る冷たい風を受けながら、しばし古に想いを馳せ、サイクリングスタートです。

この日の白馬地方は朝方大きく冷え込み、マイナス1度まで気温が下がりました。
スタート時9時の気温も5度。手が悴むほど。
一方午後には20度超の予報が出ており、何を着るべきか非常に悩みましたが、

私は
ビブショーツ EQUIPE RS S9
スキンフォイル SS スプリング/フォール
半袖ジャージ FOR TONI
アームウォーマー&ニーウォーマー
MILLE GT ウィンドジャケット

カミさんは
HL ティブル ハーフタイツ
スキンフォイル LSスプリング/フォール
ティブルジャケット ラーラライ
UMA GT ウィンドベスト
GIRO DND グローブ

の装いでした。結果としてはレイヤーリング成功!
この時期私は、アームウォーマーとニーウォーマーを使うシーンが多いです。
温度調整が容易で、取り外した際にかさばらない。
フィルムの入らないシンプルなウィンドシェル(MILLE GT ウィンドジャケット/ベスト )との
テッパン的な組み合わせは、やはりなんだかんだ言っても一番登場機会が多いような気がします。



b0208656_19081323.jpg

b0208656_19152897.jpg

佐野坂峠を越え、白馬村に入ると山が一気に大きくなります。
この佐野坂峠が南側/大町市の中央高地式気候と、北側/白馬村の日本海側気候の境目でもあり
天気や雪の量などが大きく異なるのだそうです。
高瀬川(大町市側)と姫川(白馬村)の分水嶺にもなっています。


b0208656_19265061.jpg

今回のサイクリング、白馬の山並みを間近に眺めることがテーマでした。
その為、あえて山から少し離れてみる。
白馬の街を流れる姫川を渡り、その東側の少し高いところにある集落を巡ることで、
山々が綺麗に見られるのではないかと考えたのです。


b0208656_19275072.jpg

白馬駅裏付近を一段上がった辺りにある蕨平集落の石仏群。



b0208656_19293930.jpg

蕨平集落を駆け上がり、山を越え、さらに下るとそこは大出地区。
姫川に掛かる吊り橋と、古い家並みが美しい集落です。


b0208656_19284677.jpg

姫川沿いのちょっとしたダート区間の先には、


b0208656_19312007.jpg

またも吊り橋が。
この辺りはほとんど人気がなく、景色を独り占めです。



b0208656_19322130.jpg

集落を流れる水路がキラキラ。


b0208656_19411121.jpg

大出地区を抜け、グンと坂を登ると、


b0208656_19421269.jpg

小高い丘の上に水田が広がっています。野平地区。
白馬の山並みに向かって緩やかに下る斜面。
視界を遮るものが全くありません。



b0208656_19430005.jpg

昔のままの家々が残る集落。
かつて隣の集落、青鬼は訪れたことがあったのですが、こちらの野平も本当に美しい集落です。
私は美しい景色と共に、地域ごとに異なる人々の暮らしに触れたいと思い、自転車に乗って
いるのかもしれません。


b0208656_19424451.jpg

b0208656_19493077.jpg

野平集落は、こちらの木の存在で非常に有名です。

b0208656_19503445.jpg

花が終わった現在は、この桜を訪れる人も少ないようですが、北アルプスから吹き下ろす
冷たい風の中、凛と佇む姿が印象的でした。



b0208656_19501895.jpg

北アルプスの山々と同じレベル!



b0208656_19523098.jpg

飯森付近。
白馬を後にします。


b0208656_19530640.jpg

青木湖西岸。
この辺りは本当にひっそりしています。
横溝正史「犬神家の一族」と、松本清張「影の地帯」の印象からか、なんとなく背筋がヒンヤリ。


b0208656_19573696.jpg

青木湖を抜け、峠越え。
簗場スキー場の急斜面を一気に登ると、


b0208656_19561305.jpg

山が凄すぎ。


b0208656_20092487.jpg

ガレガレのワインディングをしばらく下り、
続いてズドーンとした上り。我慢のペダリングを続け、


b0208656_11570331.jpg

最後の最後、荒れたダートの上りをこなすと、



b0208656_20103153.jpg

山の中に、まるで北海道の美瑛のような風景が広がっています。


b0208656_20115280.jpg




b0208656_20105577.jpg

珈琲とケーキはもとより、何よりもこの風景に癒されます。


b0208656_20111357.jpg

セルフビルドのストローベイルハウス(藁と漆喰の壁、ブロックの土台)が素敵です。
陽が傾き始め少しひんやりした空気の中、シェルを着込み最後の下りへ。


b0208656_20122661.jpg

あっという間に木崎湖東岸、稲尾駅付近へ。
それにしても夕暮れ時のこの辺りの風景。最高です。


b0208656_20124298.jpg

写真撮りなどで案の定押してしまいましたが、無事ライド終了。
この日は距離70km、獲得1200mでした。

いかがでしたでしょうか?5月の白馬。
是非来年はご一緒しませんか?
AACRで大勢で走るのも楽しいですが、プライベートで、ちょっとディープなコースを
辿るのも悪くないですよ。
ご興味持っていただけた方は、店頭でアイハラまでお気軽にお声掛けください。
人数がいらっしゃれば、お店の企画としてなんか出来ないか考えてみます!

by assos-pst | 2019-05-11 17:26 | 遠征サイクリング